Training Event 2024/7/18 開催

AMD Versal Adaptive SoCクイックスタート
~ Designing with AMD Versal Adaptive SoC: Quick Start

Webex Meeting参加方法簡易資料

■トレーニングイベント概要

プログラマブル ネットワーク オン チップ (NoC) と AI エンジンを搭載した AMD Versal™ アダプティブ SoC ヘテロジニアス
アーキテクチャと、Versal デバイスをターゲットとするさまざまなデザイン ツール フローの使用方法を学びます。
組み込みソフトウェア開発とアプリケーションのパーティショニングに関する知識を習得します。
また、Versal アーキテクチャへのシステム移行の実行方法も学習します。

このコースの重点は次のとおりです。
・Versal アダプティブ SoC のアーキテクチャの確認
・Versal アーキテクチャで使用可能なさまざまなエンジンと、エンジンに含まれるリソースの説明
・Versal デバイスのエンベデッド ソフトウェア開発フローのデモ
・ネットワークオンチップ(NoC)とAIエンジンのアーキテクチャの説明
・計算モデルに基づくアプリケーションの分割の説明
・Versal デバイスのさまざまな機能ブロックと前世代デバイスの比較

注意!過去のイベントでご提供した無料再配信はございません。
本イベントは8月よりオンライン・オンデマンドで開催するする同タイトルの講座の短縮版です。

 

■トレーニングイベント開催概要
  • タイトル:AMD Versal Adaptive SoCクイックスタート ~ Designing with AMD Versal Adaptive SoC: Quick Start Start
  • 日時:2024年7月18日(木)10:00 ~17:00
  • 費用:無償
  • 内容:講義&デモ
  • 講師:平郡 政幸氏(エッチディーラボ契約講師:エムシップ・デザインズ合同会社)
  • 開催方式:オンライン(WebEx Meeting)
  • ご登録(お申込み)ページ:こちらのボタンをクリックしてください。

 

 

 

今回のイベントは、Webex Meeting の登録機能により、ご登録いただきます。
1. イベント用のWebex Meeting登録ページを開く
2. 必要事項を入力し、登録する
3. 承認・招待状メールの到着を待つ(承認は、五営業日以内に行います)
ご登録の詳細については、「Webex Meetingでの登録について」をご覧ください。

 
 

■トレーニングイベント詳細(タイムテーブル)
タイトル 時間
開講 10:00-10:05
1. AMD Versal Adaptive SoC:概要 10:05~
2. アーキテクチャ ~10:45
BRAKE 10:45~11:00
3. デザイン ツール フロー 11:00~12:00
LUNCH 12:00~13:30
4. エンベデッド ソフトウエア開発 13:30~
5. NoCの紹介と概念 ~15:15
BRAKE 15:15~15:30
6. アプリケーションのパーティショニング 15:30~
  LAB1 demo(QEMU) ~17:00

※ 上記以外に1時間に10分程度休憩を取ります。
※ タイムテーブルは検討中のものです。内容は予告なく変更する場合がございますので、ご了承ください。
※ 開始前に接続テストの時間を設ける予定です。(9:00~10:00の間)
 
 

■お問合せ先

training-qa@hdlab.co.jp 宛にお願いします。

[開催終了] Training Event 2024/3/14

VitisとGStremerでKRIA SoMを動かす
~ Understanding AMD Vitis Unified Software Platform
and GStreamer with AMD Kria SoM ~

Webex Meeting参加方法簡易資料

■トレーニングイベント概要
本イベントは2部構成です。Part1では Vitis 統合 ソフトウェア プラットフォームについてお話しします。
VitisはAMD FPGA/SoC製品向け組み込みソフトウエアの開発環境です。
2023年後半に公開されたバージョン2023.2ではEclipse Theiaオープンソースフレームワーク ベースに
生まれ変わりました。その特徴をご案内します。Part2ではGStreamerについて説明します。
GStreamerは、ストリーミングメディアアプリケーションを構築するためのパイプラインベースのマルチメディア
フレームワークです。このフレームワークは、キャプチャブロック、処理ブロック、表示ブロックなど、パイプ
ライン内のすべてのメディア処理ブロックをリンクするアーキテクチャを提供しています。これにより、複雑な
マルチメディアアプリケーションを効果的に構築できます。
Kria SoMに 画像処理アプリケーションを構築する方法をお話しします。

 

■トレーニングイベント開催概要
  • タイトル:VitisとGStremerでKRIA SoMを動かす
    ~ Understanding AMD Vitis Unified Software Platform and GStreamer with AMD Kria SoM ~
  • 日時:2024年3月14日(木)10:00 ~17:00
  • 費用:無償
  • 内容:講義&デモ
  • 講師:白石 繁氏(エッチディーラボ契約講師)
  • 開催方式:オンライン(WebEx Meeting)



■トレーニングイベント詳細(タイムテーブル)

タイトル 時間
Part1 Vitis入門 ~Understanding Vitis Unified Software Platform
1.Vitis Unified Software Platform とは 10:00~11:00
2.Vitisの使用例、Vitis ツール群について 11:00~12:00
お昼休み 12:00~13:00
Part2 GSreamer入門 ~ GStreamer with KriaSoM
3. GStreamerとは何か 13:00-13:30
4. GStreamerを使う手順 13:30-15:00
—BRAKE— 15:00-15:15
5. Kria SoMで画像処理をする 15:15-16:00
6. Kria SoMで画像処理をする 実演 16:00-17:00

タイムテーブルは検討中のものです。内容は予告なく変更する場合がございますので、ご了承ください。
※ 開始前に接続テストの時間を設ける予定です。(9:15~9:45の間)

 

■お問合せ先

training-qa@hdlab.co.jp 宛にお願いします。

Training Event 2023/8/25開催
Tried the KRIA DEMONSTRATION APPS

AMD KRIAで拓く新機軸 -AIを含めたエッジアプリケーション実装へ

開催終了しました。ご参加ありがとうございます。
Webex Meeting参加方法簡易資料
■概要

Kria SoMは適応型のシステムオンモジュールです。

Zynq UltraScale+ MPSoCを搭載した小型ボードです。

どんなシステムが実装できるのでしょうか。

その実力を探り、実装プロセスの一部を公開します。

Visionアプリをターゲットにデモの実施とその実装プロセスをお話しします。

https://japan.xilinx.com/products/app-store/kria.html

■トレーニングイベント開催概要
  • タイトル: Tried the KRIA DEMONSTRATION APPS ~ AMD KRIAで拓く新機軸 -AIを含めたエッジアプリケーション実装へ~
  • 日時:2023年8月25日(金)午後1時~5時
  • 費用:無償
  • 内容:講義&デモ
  • 開催方式:オンライン(WebEx Meeting)
  • 講師:平郡 政幸氏(エッチディーラボ契約講師:エムシップ・デザインズ合同会社)予定
  • お申込みページ:こちら をクリックしてください。(お申込締切:8月23日(水)午後5時)

 

■トレーニングイベント内容
  • Xilinx Kria System-on-Module (SOM) Overview / Kria SoMの概要
  • Xilinx Kria KV260 Vision AI Starter Kit Overview / Kria KV260 Vision AIスターターキットの紹介
  • Getting Started with the Vision AI Starter Kit / Kria KV260 Vision AIスターターキット を使用するには
  • 開発プロセスのツールデモ ~ 動作デモ (スマートカメラアプリの予定)

※内容は予告なく変更になる場合がございますのでご了承ください。


■トレーニングイベント タイムテーブル

タイトル 時間
開講 13:00-14:10
Xilinx Kria System-on-Module (SOM) Overview / Kria SoMの概要
Xilinx Kria KV260 Vision AI Starter Kit Overview / Kria KV260 Vision AIスターターキットの紹介
Getting Started with the Vision AI Starter Kit / Kria KV260 Vision AIスターターキット を使用するには
13:10-15:00
休憩 15:00-15:30
KV260 Starter Kit デモ 15:30-17:00

タイムテーブルの内容は予告なく変更する場合がございますので、ご了承ください。
※ 開始前に接続テストの時間を設ける予定です。(10:00~12:00の間)

■お問合せ先

training-qa@hdlab.com 宛にお願いします。

Training Event_20220310

SOM Kria Free Training Events 

盛況のうちに終了しました。ご参加ありがとうございます。

Webex Meeting参加方法簡易資料
■イベント概要

この度、Xilinx Customer Trainingチームのご協力を得て、Xilinx Authorized Training Providers(ATPs)による無償レーニングイベントを開催いたします。

本トレーニングイベントでは、Xilinx社から提供しているKria(TM) System-on-Module(SOM)にフォーカスした内容をお届けいたします。

 

■トレーニングイベント内容

Kria™ KV260 Vision AI スターター キットの基本的な使用方法をデモでご紹介します。

■トレーニングイベント詳細

  ※ 詳細内容、タイムテーブルは検討中のものです。内容は予告なく変更する場合がございます。ご了承ください。

    • タイトル: Using Vision-based Applications with the Kria KV260 Vision AI Starter Kit & System-on-Module (Demonstration)
    • 日時:3月10日(木)13:00-17:00
    • 費用:無償
    • 内容:講義&デモ
    • 開催方式:オンライン(WebEx Meeting)
    • 講師:株式会社エッチ・ディー・ラボ(Xilinx Authorized Training Providers)

■タイムテーブル

Q&A16:45-17:00

タイトル 時間
開講 13:00-13:15
デモ1 Kria KV260スターターキットでアプリケーションを加速 13:15-14:00
デモ2 Kria KV260 スターターキットを使用したデモアプリケーションの実行 14:00-14:45
休憩 14:45-15:15
デモ3 ハードウェアおよびソフトウェア設計コンポーネントの構築(オプション)
デモ4 KV260ベースのビジョンアプリケーションで使用されるAIモデルのカスタマイズ(オプション)

タイムテーブルは検討中のものです。内容は予告なく変更する場合がございますので、ご了承ください。
※ 開始前に接続テストの時間を設ける予定です。(10:00~12:00の間)

■お申込みは締め切りました。

■お問合せ先

training-qa@hdlab.com 宛にお願いします。